The Japan Lampwork Society KOBE JAPAN
活動内容
イベント
入会案内
会員情報
サポーター企業・団体
マガジン・会報について
SHOP
リンク
お問い合わせ


干支の作品展 「犬 」 作品募集要項

干支の作品展「犬・いぬ」の作品を募集します。奮ってご応募下さい。 1120日作品必着

応募作品はすべて2017年12月1日-2018年1月31日の間KOBEとんぼ玉ミュージアムにて展示。

応募要項

資格

年齢、国籍、プロ・アマ不問

作品

2018年の干支(戌・いぬ)をモチーフにしたランプワーク技法で創られた未発表の作品
とんぼ玉には限りませんが、1辺の大きさ5cm程度まで

※アクセサリー作品も応募可能ですが、一般的なネックレスなど、展示時に1辺5cmを超えるものは規定違反となり展示ができないことがあります

応募点数

一人1点まで

展示・撮影

・応募作品はすべて2017年12月1日〜2018年1月31日KOBEとんぼ玉ミュージアムにて展示。
・プロのカメラマンが撮影した画像をデータで差し上げます。
(データダウンロード用のページをご案内。WEBサイトよりダウンロードしていただきます。)

応募料

1点につき3000円(ソサエティ会員 1点につき2500円)
※振込手数料は各自ご負担下さい

応募方法

オンライン応募申込フォームからお申込いただくか、応募申込書をダウンロードし、ご記入の上、FAXまたは郵送にてお送りください

振込先

応募料を下記口座にお振込下さい
ゆうちょ銀行      14280  177681

三井住友銀行    神戸営業部 普通  9162643

三菱東京UFJ銀行 神戸支店   普通  2598001

   口座名義  ジャパンランプワークソサエティ

応募料は理由の如何にかかわらず返却できませんので、ご了承ください

 

 

 

オンライン応募申込フォーム>>

 PDF

応募申込書ダウンロード(PDF : 約72KB)>>


作品送付方法

・必ず宅配便もしくはゆうパックなどの追跡機能・補償のつく方法で発送して下さい

・普通郵便は不可
・搬送中の事故についてはソサエティではその責を負いません
・作品の向きがわかるように正面、上下左右を記入した作品画像を添付してください。

作品の返却

送料着払いでご返却いたします。また今回は展示スペースの都合により、寄贈はご遠慮下さい

著作権/個人情報

 

作品に関する著作権等は本人に帰属します。ただし、作品展示に関する権利は、ソサエティが有することとします。いただいた情報は、ソサエティで厳重に管理いたします

なし

宛先/問い合わせ先

〒650-0034 神戸市中央区京町79  KOBEとんぼ玉ミュージアム内 

ジャパンランプワークソサエティ
TEL : 078-393-8500 FAX : 078-954-9000
E-mail: jls@lampwork-society.com
http://www.lampwork-society.com/

到着・応募締切

2017年11月20日必着


このページのトップへ

Beads of Courage -勇気のビーズ-

  

ジャパンランプワークソサエティ

                             代表 宮本恭庸

とんぼ玉(ランプワークビーズ)は「装い飾る」・「護符として身を守る」・「交易に用いる」・「鑑賞する」など時空を超えてさまざまな目的に使われてきました。アメリカから届いたBeads of Courageへの協力を依頼する一通のEメールから、とんぼ玉に「人に勇気を与える」いう新たな目的が生まれ、広がりを見せていることを知り、深い感銘を受けました。直ちにHP&LAMMAGA誌面での紹介・Bead Art Showでのブース提供など最大限の協力を約束し、ソサエティとしての取り組みをスタートいたしました。このプログラムは子供たちに勇気を与えるだけではなく、いやそれ以上に子供たちから私たちが勇気をもらう「私たち自身にとっての勇気のビーズ」だと確信しています。今後日本においてもこの活動が皆さんのご協力を得て、広く大きなものとして定着していくことを願い、ここにご紹介いたします。

.

 

とんぼ玉/ビーズで病気の子供たちを励まそう!

Beads of Courage Program--- 癌などの重病と闘う子供を励ます勇気のビーズ

皆さんの援助を必要としています

澤本恵美子

.

アリゾナの子供病院で始まったBeads of Courage---勇気のビーズというプログラムがあります。NHKニュースや朝日新聞で取り上げられましたから、ご覧になった方もいるかもしれません。癌などの重病の子供達が、辛い治療を行うたびにビーズを一つもらい、もらったビーズを紐に通して首飾りを作り、自分が今までの辛い治療を乗り越えてきた勇気の証しとして治療の励みにするというものです。普段の治療では、治療の種類によって色分けされた、小さな無地、もしくはシンプルなデザインのビーズをもらいます。特に苦痛を伴う治療や手術を受けた場合には手作りのアートビーズを受け取ります。大抵の子供たちのネックレスは数メートルにもなって、首の周りに何重にも巻かれます。完治すると、紫のハートのビーズをもらいます。アメリカの軍人の勇気ある行動に対して与えられるPurple Heart勲章にちなんだものです。不幸にも治療の甲斐無く亡くなってしまった場合には、親御さんに蝶のモチーフのビーズが渡されます。もう、苦痛から解放されて飛び立っていったよ、という意味でしょうか。

.

ビーズなんかで子供達が喜ぶんだろうか、と思いますか?このプログラムが2005年から実施されているアメリカでは、長く連なったビーズを見て「今までこんなに頑張ってきたんだ。これからも頑張れる」と励みに思ったり、辛い治療を受けたときにもらったビーズを見て、「またこの治療を受けるけど、あのとき頑張れたんだから、次も頑張れる」と治療と向き合う動機付けになったり、「これはあの時のビーズ、これは・・・」と自分が受けて来た治療について話をすることがセラピーになったりという効果が、子供たちだけではなくその親にもあるということが証明されています。CBSテレビがこのプログラムを取材したビデオの中で、レポーターと病気の子供の母親が、「ビーズなんてちっぽけなもののように思えますけどねえ。」「そうですよねえ。何でもないものみたいなのに」というのに対し、子供が、「そんなことないわ!これは・・・命のビーズなの」と言っていたのが印象的でした。また、7歳で亡くなった子供の母親は、子供が残したビーズの首飾りを自分のベッドから見えるところに吊るしてあり、気力の無い時でも、首飾りを見ると、「私のたった7歳の子供がこんなに大変な治療に耐えたんだから、私も今日一日頑張れる」という気持ちになるんだそうです。

.

日本では、シャイン・オン・キッズが拠点となり、2009年から茨城県立こども病院、2010年から大阪市立総合医療センターと東京都立小児総合医療センターで、このプログラムが取り入れられました。今のところ、特に辛い治療や手術の後のアートビーズは、アメリカで寄付されたビーズを使っています。プログラムに参加する病院が増え、アートビーズがアメリカでも十分供給が足りている状況ではないことから、できれば日本のビーズ作家たちの協力も得られないだろうか、ということで、ジャパンランプワークソサエティの宮本さんに打診がありました。

.

普段の治療に対して与えられる無地ビーズは、相当数必要なので、市販のビーズが使われています。みなさんにご協力いただきたいのは、特別な治療や手術の後のアートビーズです。プロ作家である必要はありません。完璧なビーズである必要もありません。わざわざ特別に作らなくても、ひょっとしてあなたの工房には、昔作った作品がボウルやら瓶やら缶やらに入れられてゴロゴロしていませんか?そんな、今はほったらかしにされているビーズが、誰かの特別なビーズになるかも知れないのです。ただ、ビーズは、まとめて容器に入れられ、子供達が手でかき回して選ぶものですから、丈夫である必要があります。また、とんぼ玉やビーズは花模様など女の子っぽいデザインが多いですが、男の子向き、または中性的なデザインも考えてください。

将来更に病院数も増えていくことが見込まれています。また、現在は小児がん・血液の病気の治療を受ける子どもたちのみに限定してプログラムが行われておりますが、海外同様、他疾患の子どもたちのためにもこのプログラムを行って欲しいという依頼が多く寄せられ、これらにも応えていきたいとシャイン・オン・キッズは考えています。

.

一度きりでなく、継続的なサポートをお願いします。

.

 

がんばったねビーズ(直径1cm〜1.5cm)      骨髄移植ビーズ(直径2.5cm〜3cm) 

.

現在、子どもたちが頻繁に受け取るがんばったねビーズが大変不足しています。
.

☆その他の注意点

.

・離型剤はきれいに取り除いておいてください。

・穴の周りがギザギザしていないこと。シャープな縁がないこと。

・穴の大きさは、子供がビーズを紐に通しやすいように、2.5 mm以上が好ましいですが、2 mmも受け付けます。穴の向きは縦でも横でも自由です。

・大きさや形に制限はありませんが、子供が身につけるものですから、尖っていたり、壊れやすい突起があったり、重すぎたりしないほうがいいでしょう。中空ビーズは壊れやすいかもしれません。

・ペンダントでもいいですが、紐を通す部分が丈夫である必要があります。

・子供がビーズを口に入れる可能性を考え、酸でエッチングしたもの、還元炎であぶって表面を金属光りさせているもの、フリット、パウダーガラス、エナメルを使ったものは避けてください。

・プログラムに参加している病院に直接ビーズを送ったり持参したりしないでください。

.

☆ビーズの送り先

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-3-6 ワカ末ビル

シャイン・オン!キッズ  ビーズ・オブ・カレッジ®担当 宛

Tel: 03-6202-7262

シャインオン!ビーズオブカレッジのページ

http://sokids.org/ja/programs/beads-courage/

Bead Art Show-YOKOHAMA -会場内、シャイン・オン・キッズブースにおいても受付いたします。

このページのトップへ
----- 過去のイベント情報 -----

佐藤正義さんワークショップ!!

佐藤正義さん:エアトラップと土星のペンダントトップのワークショップ

◇2017年1月18日(水) KOBEとんぼ玉ミュージアム 10:30〜16:30


○内容
ガラス工房:初月の佐藤正義さんを講師にお迎えし、エアトラップと土星のペンダントトップのワークショップを開催しました。土星の輪の部分のガラスの扱い方など目からウロコの技法を学び良い機会となりました。

 

ホンマトモコ デモンストレーション!!

ホンマトモコ氏によるデモンストレーション

◇2016年10月13日(木) KOBEとんぼ玉ミュージアム 10:30〜13:00、14:30〜17:00


○内容
ホンマトモコさんをお招きして「シェブロン玉」をデモンストレーション。
シェブロンchevronは英語で「山形」の意味で、削り出した断面の模様の山形を指して名称としたもの。削る・磨く工程を経た作品をそう呼ぶ事も。 削り、磨く事でどのように作品を仕上げていくのかをご紹介。 今回のデモンストレーションでは、研磨機の使用工程はパネルと口頭で、「手磨き」の工程を実演しながら説明。

 

武藤貴裕 デモンストレーション!!

武藤貴裕氏によるデモンストレーション

◇2016年1月15日(金) KOBEとんぼ玉ミュージアム 10:30〜13:00


○内容
とんぼ玉表面に「鳥」を描きます。
玉の表面に凹凸を感じない。しかし、鳥の羽の豊かな色彩が美しく描かれています。
ほんの少しのガラスをいかに上手く繊細にのせていくのか・・・。
その方法に興味がある方は少なくないはず。
驚きの手さばきを自身の目で見ることができるチャンスです!

 

岡部哲平 デモンストレーション・ワークショップ 開催!!

岡部哲平氏によるデモンストレーション&ワークショップ

◇2015年3月17日(火)・18日(水) KOBEとんぼ玉ミュージアム


○内容

3月17日(火)デモンストレーションでは、千夜一夜(アラジン)を題材にソフトガラスで出来るインプロージョンをご紹介。

3月18日(水)ワークショップでは工房で実際に制作しながら技法を学ぶ事が出来ます。お花や金魚をモチーフにしたインプロージョンをご紹介。

 

春木 弘 デモンストレーション

春木弘氏によるデモンストレーション

■2015年2月20日(金)KOBEとんぼ玉ミュージアム

.午前の部10:30〜13:30、午後の部14:30〜17:30


○午前の部「葉っぱのパーツ玉」
精巧な葉っぱのパーツ作りとそのパーツは使用したとんぼ玉の制作をご紹介。

○午後の部「お花のマーブル」

LAMMAGA Vol,30にて技法紹介を掲載している「お花のマーブル」の制作をご紹介。

.

『1.17希望の灯り』デモンストレーション ウェスリー・フレミング

2015年1月17日、阪神淡路大震災より20年を迎えます。
当ソサエティは、震災犠牲者鎮魂のシンボルとして灯り続ける「1.17希望の灯り」の分灯を火種とした国内外のアーティストによるデモンストレーションを通して、この灯りに託された鎮魂と再生への思いを伝えてきました。 震災20年を迎えるにあたり、アメリカからウェスリー・フレミング氏を招きデモンストレーションを行います。
(このプログラムは「阪神淡路20年事業」として、ひょうご安全の日推進県民会議の助成金を受け実施。)

 

■2015年1月15日(木) ・26日(金)

.


なかの雅章:デモンストレーション

「蜻蛉玉:和の装い展」出展作家

なかの雅章氏によるデモンストレーション

■2014年6月7日(火)KOBEとんぼ玉ミュージアム
午前の部10:30〜13:00、午後の部14:30〜17:00

.


○午前の部「マトリョシカ:目のパーツ制作〜とんぼ玉制作」
作品の出来を左右する重要なパーツである「目」。
可愛い目の作り方をご紹介いたします。パーツを用いてマトリョシカのとんぼ玉制作まで一連の流れをご覧いただけます。

○午後の部「イカ・カニ・龍のとんぼ玉制作」

細引きしたガラスを溶かしながら、玉の表面に絵を描きます。
急ぎすぎると雑になり、時間をかけるとベースが溶けて色のメリハリのないダレた絵になります。360°玉の表面を使った構図の考え方などもご紹介。
.

.

リチャードソン チハル チャリティデモンストレーション

4月15日(金)

KOBEとんぼ玉ミュージアム アクセス>>

11:00 - 16:00(昼休憩あり)

☆デモンストレーター

リチャードソン チハル

カリフォルニア州 サンディエゴ在住。

〜Kyoto Studio〜 HP こちら>>

.

参加料…無料(要入館料)

東北地方太平洋沖地震被災者支援のためのチャリティーデモンストレーションです。モレッティを使った花のビーズなどを実演していただきます。

また、当日は義援金の呼びかけをさせていただきます。ぜひお越し下さい。

.

義援金の送り先について

阪神淡路大震災のご遺族やボランティアで活動されている認定NPO法人 阪神淡路大震災『1・17希望の灯り』を通して、今回被災された方々に全て直接手渡しいたします。
総額はソサエティHP・LAMMAGA誌上にてご報告いたします。

-------------------------------------------------------------------

メッセージ

東北地方太平洋沖地震被災の皆様へ心よりお悔やみとお見舞いを申し上げます。

今、世界中があなた達から本当に大切なものを学んでいます。

協調性、勤勉さ、忍耐力、思いやりの心。

私達海外在住日本人は今ほど日本人に生まれたことを誇らしく思った事がありません。

私達はあなた達のがんばりを心から支えたいと思っています。

いつか一緒に笑える日まで私達はあなた達を応援します。

Chiharu Richardson

-------------------------------------------------------------------

リチャードソン チハルさんより署名のお願い

アメリカには水が要らない赤ちゃん用缶ミルクがあります。大手企業Silmacが販売しています。私達はSilmacから缶ミルクを日本に寄付していただけるよう署名運動をしています。

目標署名人数は5000です。詳しくは私宛にメールを下さい。

メールアドレス ※署名数が目標に達したため終了しました 2011.04.09

被災地の赤ちゃんにアメリカの会社の水が要らない缶ミルクを寄付していただく
為に署名を集めておりましたが皆様のご協力により目標数を達成しました。

一日も早く現地にミルクが届く事を祈ってます。ありがとうございました。

このページのトップへ

デモンストレーション・ワークショップ

サリー・プラッシュ震災16年

「1.17希望の灯り」 ボロシリケートガラスデモンストレーション

 

■日時 2011年12月3日inTOKYO、12月5日・6日KOBEとんぼ玉ミュージアム

.

.

講師:Sally Prasch (サリー・プラッシュ)  
理化学用ガラス制作の技術を学んだのちアートワークを展開。その作品には卓越した技術に裏づけされた魅力があります。ブローホースやハンドトーチを使って、管ガラスの中にパーツを封じ込めたり、ネオンガスを入れて発光させたり、管ガラスの細工を得意とします。管ガラスを二重三重に重ねて見せる技は必見です。マサチューセッツ在住。
.

また今回も昨年に続き、火種に「1.17希望の灯り」の分灯を用い、震災の鎮魂と未来へのメッセージを込めた内容でのデモンストレーションです。
(震災16年を経て、震災の教訓を発信する事業として兵庫県の助成を受けて実施します)
.

.

このページのトップへ
バンデュー・ダナム氏のボロシリケートガラス無料デモワークショップを開催しました!

 

■日時 7月8日(木)

  ・10:30- ・13:00- ・15:00- (1日3回、約1時間ずつ)

■講師 バンデュー・ダナム Bandhu Danham

アメリカのボロシリケートガラスの代表作家、バンデュー・ダナム氏による、ボロシリケートガラスと酸素バーナーを使った無料デモンストレーションです(要入場料)。


このページのトップへ
ラリー・スコット(Larry Scott)さんのワークショップを開催しました!

ワークショップ作品:写真左上から<PEACOCK BEAD><TAPESTRY BEAD><BYZANTINE BEAD><TRAVERTINE BEAD>

写真左上から<BYZANTINE BEAD><SILVER LACE><CHOLLA BEAD><NIGHT SKY><NINE PANEL><TOPOGRAPHIC BEAD>

2010年ラリー・スコット ワークショップ in スタジオらくう

■4月20日(火) 10:00 - 17:00 (午前・午後/昼休憩含む)
■4月21日(水) 10:00 - 17:00 (午前・午後/昼休憩含む)

(会場:スタジオらくう/東京)

・内容
Beads Art  Show -YOKOHAMA 2010- にともなって来日したラリー・スコットさんのワークショップです。透明、不透明、メタリックのガラスをさまざまに組み合わせた代表作の「ビザンチン・ビーズ」は、200個もの点打ちによる逸品です。シンプルながらも華麗なデザインは身に着けやすく、またビーズとの相性もいいためアクセサリー作家からも熱い支持を受けており、KOBEとんぼ玉ミュージアムでもとても人気があります。美しい作品をうみだす精巧な技術に触れた一日となりました。

■講師:Larry Scott (ラリー・スコット) 
点打ち技法の「ビザンチン・ビーズ」で広く知られるアメリカのアーティスト。とんぼ玉の名匠達の作品集「MASTERS GLASS : BEADS」の人選など多岐に活躍。



このページのトップへ
ルチオ・ブバッコ(Lucio Bubacco)さんのデモンストレーションを開催しました!

2010年 「1.17希望の灯り」デモンストレーション

■1/16  Lucio Bubacco (ルチオ・ブバッコ) デモ in 神戸
■1/17  一般公開制作 in KOBEとんぼ玉ミュージアム
■1/16 Lucio Bubacco (ルチオ・ブバッコ) デモ in 東京

(会場:グラスマウス)

・内容
イタリア・ヴェネツィアより、その技術が「神業」とも称されるルチオ・ブバッコ氏を迎えてのデモンストレーションです。2010年に阪神淡路大震災15年を迎えるに当たり、震災犠牲者鎮魂のシンボルとして灯り続ける 「1.17希望の灯り」の分灯を火種とし、震災犠牲者鎮魂のメッセージを込めて制作をおこないました。

.

ルチオ・ブバッコ公式サイト

http://www.luciobubacco.com/public/index.asp

.

上:神戸会場デモ風景

下:希望の灯りの前にて(1/17)



このページのトップへ
ゲイル・クロスマン・ムーアさんのデモンストレーション開催しました

1.17希望の灯り」デモンストレーション&ワークショップ

■12/12 ボロシリケートビーズワークショップ in 東京
■12/15 ボロシリケートビーズデモンストレーション in 神戸
※東京は実際に酸素バーナーを使うワークショップ、神戸は見学のみのデモンストレーション。

・内容
Jim Kervinの技法書シリーズでもおなじみ、「MASTERS」に40人の名匠の一人として紹介されたゲイル・クロスマン・ムーアんを招き、ボロシリケートガラスと酸素バーナーを使って、さまざまなグラスビーズを制作しました。


このページのトップへ
網野篤子さんのデモンストレーション開催

金魚の作品で知られ、当館でも人気の作家・網野篤子さんのデモンストレーションを開催しました。

6月16日(火)

1.10:30 - 13:00(Aプロ)頂点眼その他

2.14:00 - 16:30(Bプロ)アマガエルその他

3.18:30 - 21:00(Aプロ)頂点眼その他

1.と3.は同じ内容、2.のみ違う内容。

・参加費

ソサエティ会員の方・・・各回 3,000円(2コマ通し5,000円)

※一般・・・各回 3,500円(2コマ通し6,000円)

 


International Lampwork Competition 2007

インターナショナルランプワークフェスタ2007開催に併せ、インターナショナルランプワークコンペ2007(第2回ジャパンランプワークソサエティ公募展)を開催します。奮ってご参加下さい。

応募要項

応募内容

ランプワーク技法で制作されたランプワークビーズ(とんぼ玉)以外の作品で、テーマは自由です。

応募規定

2007年1月以降創作の未発表作品に限ります。
(インターネット上での公表作品についても不可)

応募点数

一人2点まで

サイズ

1辺50cm以内

応募登録料

1作品につき3,000円(ジャパンランプワークソサエティ会員は2,000円)
指定口座にお振り込みください。納入後の登録料は理由の如何に関わらず返金できません。

作品販売

作品の販売を希望される場合は、販売価格を記入ください。

応募方法

◎応募申込書をダウンロードしご記入の上FAXしてください。

PDF

<< 応募申込書ダウンロード(PDF : 約76KB)

 

オンライン応募申込フォームは只今制作中です。

◎作品を2007年9月26日(日時指定・必着)にてお送り下さい。

入選(ランプワークマガジン2008冬号(2008年1月発行)に作品掲載)
特別賞 各業者賞

審査方法

ジャパンランプワークフェスティバル歴代委員長各氏・サポーター企業・団体などの審査委員が、持ち点形式で採点し、一般の方の投票と併せて上位の作品を入選とします。大賞等は設けません。

展示等

2007年10月2日(火)〜11月11日(日)
公募作品展 神戸らんぷミュージアム
招待作品展 KOBEとんぼ玉ミュージアム

2007年11月12日(火)〜2008年1月7日(月)
招待作品・入選作品展 KOBEとんぼ玉ミュージアム

その他

●販売を希望されない場合、販売がされなかった場合は展示終了後、送料応募者負担で返送いたします。
●作品に関する権利 作品に関する著作権・意匠権は応募者に帰属しますが、展示撮影ならび作品掲載などに関する権利は主催者にあるといたします。

宛先・問合せ先

〒650-0034 神戸市中央区京町79  KOBEとんぼ玉ミュージアム内
    ジャパンランプワークソサエティ

TEL : 078-393-8500  FAX : 078-954-9000
E-mail: jls@lampwork-society.com
http://www.lampwork-society.com/

 

このページのトップへ


インターナショナル ランプワーク フェスタ KOBE 2007

2005に続き、KOBEにてランプワークの国際的なフェスタを開催することとなりました。
KOBEらしい国際色豊かなイベントとして、ランプワークに関わる皆様にとって、

の楽しさと可能性に満ちあふれた3日間です。是非ご参加下さい。

日時:2007年10月19日(金)〜21日(日)
会場:神戸ファッションマート http://www.kfm.or.jp/


ランプワーク デモ LAMPWORK DEMONSTRATION

10月19日(金)・20日(土) 9Fイオホール・エキシビジョンスペース1-A


フリートーチ デモ FREETORCH DEMONSTRATION

10月19日(金)・20日(土) 9Fエキシビジョンスペース3


コラボ ショー COLLABORATION SHOW

10月19日(金) 9Fイオホール・エキシビジョンスペース1-A


ランプワーク バザー LAMPWORK BAZAAR

10月21日(日) 1Fアトリウム
2005年開催時より、テーブル1台増となっており、数名のグループでシェアしていただくことも可能です。


ランプワーク オークション LAMPWORK AUCTION

10月19日(金)〜20日(土) 1Fアトリウム


パーティー PARTY

20日(土) 9Fイオホール・カフェテリア


講習会 WORKSHOP

会期内各地会場で開催


※会員は優待価格で参加頂けます。
※内容等につきましては、現在検討中ですので変更の可能性があります。
※詳細は、こちらをご覧下さい


このページのトップへ

 

Copyright (C) 2006-07 JLS. All Rights Reserved.