The Japan Lampwork Society KOBE JAPAN
活動内容
イベント
入会案内
会員情報
サポーター企業・団体
マガジン・会報について
SHOP
リンク
お問い合わせ

ランプワークマガジンについて

 

「LAMMAGA」40号にて休刊のお知らせ

 

「LAMMAGA(ランマガ)」をご愛読いただきありがとうございます。
2007年10月の発刊以来、現在まで8年余りにわたり当34号まで発行を続けてきましたが、40号(2017年夏号)をもって休刊することとなりました。

 

2005年の「インターナショナルランプワークフェスタ-震災10年 IN KOBE-」の開催を機に、関係者・作家の方々よりランプワークにおけるさまざまな事業を推進していく機運が高まり、当ソサエティが設立されました。


当初は会員向けにNews Letterを2巻発行しましたが、会員以外の方にも広くランプワークの魅力を紹介するべく季刊マガジンとしてこのLAMMAGAを発刊した次第です。

出版に携わったことのない者ばかりが手探りで制作を進めていく過程では分からないこと、思ってもいなかったことなどが次々とあって発刊予定もずれ込み、「インターナショナルランプワークフェスタ-2007-」開催に何とか間に合わせられたことを思い出します。創刊号は画像・レイアウトなど満足にはほど遠い内容ですが、制作時の思い入れが詰まった今でも感慨深い号です。

 

それから8年余り、インターネットの普及などでランプワークの世界も大きく変わりました。作家のみならず誰もが手軽に自らの作品を販売できるようになり、作家と趣味のランプワーカーの垣根はずいぶん低くなっています。技法や情報も当誌のような紙媒体や教室に通うことなく、容易に手に入るようになりました。
近年では、ボロシリケイトガラスがここ数年制作人口を大いに増やし、隆盛を極めています。また、ソフトガラスもバーナーブローの作品や細工・コアガラス・ペンダントトップなどとんぼ玉以外にも多様な展開を見せてきました。

 

そうしたなか当誌は10年という区切りで一定の役割を果たしてきたと考え40号をもって休刊とし、また今後はKOBEとんぼ玉ミュージアムやBead Art Showを軸に新たなかたちでランプワークの魅力を発信していきたいと考えています。

 

今後ともソサエティに変わらぬご支援のほどよろしくお願いします。

 

ジャパンランプワークソサエティ
代表 宮本恭庸

 

【 定期購読につきまして 】

○1年4冊の定期購読につきましては、変わらず申込をお受けいたします。

○3年12冊の定期購読で40号を超える申込をいただいている方には期間内での変更となり大変申し訳ありません。40号発行後残号分の返金手続きのご案内をさせていただきますが、それまでに返金ご希望の方がおられましらご連絡ください。

 

KOBEとんぼ玉ミュージアム内 ジャパンランプワークソサエティ
TEL:078-393-8500 FAX:078-954-9000

e-mail:jls@lampwork-society.com

Copyright (C) 2006-07 JLS. All Rights Reserved.